アトピーは不利じゃない!自分がやりたい仕事をするための工夫

歯に痛みを生じさせる病気や疾患がある

虫歯はないのに歯が痛むのはなぜ?

虫歯を発症すると歯の神経が刺激され、歯茎に痛みが発生します。ほとんどの場合は虫歯を治療すれば、痛みを解消することが可能です。しかし、人によっては虫歯を発症していないのに、歯に痛みを感じてストレスになることもあります。

口腔内に原因がある場合

歯周病
虫歯以外が原因で歯に痛みが生じてしまう場合は、歯周病を発症している可能性があります。歯周病が進行すると歯の周辺にある骨が歯を支えきれなくなり、食事をとる時などに痛みが発生する可能性が高いです。この時、口の中は歯槽骨と呼ばれる骨が半分近くまで溶かされている状態であり、そのままにしておくと歯が抜けてしまう可能性があります。虫歯でもないのに痛みを感じた場合は、一度歯科医に口の中をチェックしてもらいましょう。
歯ぎしり
歯ぎしりを行なうと歯の根元に強い力が生じ、歯を構成しているエナメル質と象牙質に応力が生じて徐々に歯が砕けるように削れていきます。歯ぎしりで歯が削れていくと神経に近づき知覚過敏が発生したり、神経が死んでしまう可能性があり危険です。また、歯ぎしりが発生すると口の中に存在する歯根膜に強い力がかかります。歯根膜は物を噛んだ時の硬さを判断するための膜で、強い力が生じると歯に痛みが生じてしまうので注意しましょう。
歯の破損
何らかの原因によって歯が割れたりヒビが入ったりしてしまうと、食事などを行なっている際に痛みが生じる可能性が高いです。根元まで割れてしまった歯は修正することができないため、抜歯で取り除く必要があります。また、歯に生じたヒビが象牙質まで達していると、冷たさが歯にしみるようになります。場合によっては口の中に存在する細菌が歯や骨に入り込み、痛みや腫れを引き起こす危険性があるので歯の痛みには注意するようにしましょう。
親知らず
親知らずと呼ばれる歯が斜めや横に向かって生えてくると、歯茎が圧迫されて痛みが生じるでしょう。また、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすいため、綺麗に撤去しておいた方がいいです。特に、30代を過ぎた頃に親知らずが生えてくると、歯周ポケットに細菌が溜まって膿や腫れを発生させる危険性が高いです。歯に少しでも違和感がある場合は、歯科で検査を受けて歯の状態をきちんと調べてもらうのが適切です。

歯の痛みは虫歯が原因とは限らない

歯のイラスト

歯に痛みが生じてしまう原因には、虫歯以外にもいろいろなものが存在しています。こういった原因に少しでも心当たりがある方は歯科医院で適切な診断と治療を受けて、歯の痛みをなるべく早めに解決しておきましょう。

歯が痛い原因は「歯」だけじゃない!~考えられる病気とは?~

歯に痛みが生じる原因にはいろいろな種類がありますが、特に注意すべきなのは何らかの病気が原因で歯に痛みが生じてしまうケースです。まずは、ここで歯に痛みを発生させてしまう病気について詳しく学んでみましょう。

医師が教える歯の痛みをもたらす病気

群発性頭痛で歯の痛みを伴うケースがあります。(S医院勤務)

群発性に生じる頭痛は頭だけでなく、歯にも痛みを発生させることがあります。こういった症状を体験する方の多くは30代の男性であり、慢性頭痛を発症する方の1%程がこの症状に悩んでいます。頭痛や歯の痛みが発生する原因はきちんと解明されていませんが、大半は発生しても身体に悪影響が生じることはありません。しかし、発症した際に生じる痛みはかなり大きいため、群発性頭痛をよく発症する方は病院に相談を申し込んでみてください。

心筋梗塞の前兆として考えられる症状の1つに歯の痛みがあります。(T大学病院勤務)

冠動脈に血栓が詰まることで発生する心筋梗塞は、命を落とす可能性がある危険性の高い病です。心筋梗塞は自覚症状が出にくいため、早期発見をすることがとても難しいとされています。しかし、心筋梗塞の前兆である狭心症を早めに発見すれば、心筋梗塞の発生を回避することが可能です。狭心症を発症すると、歯や肩に痛みを感じるようになります。虫歯でもないのに歯や肩を感じてしまう場合は、一度大きな医療機関で診断を受けましょう。

三叉神経痛が引き起こす歯の痛みは強烈です。(K総合病院勤務)

神経痛の一種である三社神経痛は、歯を触った際に発作が起きることがあります。逆に発作の痛みが歯へと広がっていくこともあるため、神経痛を患っている方は発作に注意しましょう。発作によって起きる歯の痛みはとても鋭いですが、歯に麻酔を行なうことで解消することができます。そのため歯の病気と勘違いしてしまうことが多く、三叉神経痛を発症した方は痛みを解消するために歯の神経をとったり抜歯を行なったりすることが多いです。

上の奥歯が痛い場合は、上顎洞炎の可能性があります。(Mクリニック勤務)

鼻の横には上顎洞と呼ばれる空洞が存在していますが、鼻風邪や鼻炎を発症すると鼻腔とつながっているこの部分に鼻水が溜まることが多いです。腫れた粘膜や鼻水が上顎洞に溜まってしまうと、上顎洞炎が発症します。上顎洞と上の奥歯は位置が非常に近く、鼻に炎症が起こると上の奥歯にも影響が出る可能性が高いです。そのため上顎洞炎を発症すると、歯に痛みを感じるようになります。上顎の奥歯に痛みを感じたら、放置せずに一度病院で検査を受けてみるのが適切です。

心筋梗塞は50代の働き盛りの男性に多い!

男性の方は、女性に比べて心筋梗塞を発症する可能性が非常に高く、特に40代から50代の方が発症しやすいようです。睡眠中や入浴中に突然発症することが多いので、発症が心配な方は 定期検診を行なって発症を防ぐ必要があります。下記では、詳しい心筋梗塞に関する情報をまとめているので、参考にしてみてください。

TOPボタン