アトピーは不利じゃない!自分がやりたい仕事をするための工夫

有効な治療方法と病気を予防するための対策

  • TOP
  • >
  • 病の治療と有効な予防対策

病気による歯の痛みはどう治す?~それぞれの治療法~

心筋梗塞などの病気によって歯の痛みが生じている場合は、病院できちんとした治療を受けて症状改善を図る必要があります。まずは、ここで歯に痛みを発生させる病気の治療方法に関する質問をチェックして、疑問を解消しましょう。

歯の痛みをもたらす病気の治療Q&A

群発頭痛持ちで歯も痛いです。どうしたら治りますか?
群発頭痛を発症した際は薬物療法か、純酸素吸入法を利用するのが一般的です。薬物療法はトリプタン系薬剤を使用し、頭痛の発作を抑える治療法になります。
純酸素吸入法は医療用の純度100%酸素を吸入させる治療法で、吸入して約5分程で頭痛を緩和させることが可能です。フェイスマスクを通して、毎分7リットルの酸素を15分吸入させます。
心筋梗塞は手術しないと治らないんですか?
バイパス手術やカテーテル手術を実施すれば、心筋梗塞は簡単に解消することができます。しかし、迅速に症状を解消するには、なるべく早めに治療を行なわなければいけません。
また、症状やそれぞれの体質などに合わせて治療法を使い分ければ、薬の効果を高めて副作用を最小限に抑えることが可能です。心筋梗塞は発症してから6時間以内に手術を行なうことで、梗塞が生じる範囲を少なくすることができます。現在は薬物療法による治療も可能です。
三叉神経痛にはどんな治療法があるんですか?
三叉神経痛の治療には薬物療法、神経ブロックやガンマナイフなどいろいろな治療法が用意されています。最も有効とされているのは薬物療法で、カルバマゼピンは三叉神経痛の特効薬として人気です。
薬の服用法を変えることができるので、誰もが簡単に薬を服用し続けることができます。しかし、肝機能障害やふらつきといった副作用も持っているため、使用する人によっては重度の副作用が現れる危険性もあります。治療に使用する際は、注意しましょう。
上顎洞炎になったらどうやって治療するんですか?
粘膜の炎症によって生じた上顎洞炎の治療を行なう場合は、投薬による治療を行ないます。歯性上顎洞炎の場合は抜歯を行ない、抜いた歯の穴から上顎洞の洗浄を行なうのが一般的です。
また、抜歯によって生じた穴が小さい場合は自然に塞がるのを待ちますが、穴が大きい場合は塞ぐために何らかの処置を行ないます。そして、重度の上顎洞炎を治療する場合は、外科手術が最適です。治療には2週間程かかるため、上顎洞炎を治療する場合は早めに対応を行なうのが最適でしょう。

早期発見・早期治療が重要!

歯に痛みが生じる病の中には、心筋梗塞などの重大な危機をもたらす病も存在しています。歯科で検査を受けて虫歯ではないと診断された場合は、病院で一度検査を受けるといいでしょう。 早めに原因である病を発見しておけば適切な対処を行ない、病を短期間で解消することが可能です。治療にかかる時間や費用も節約することができます。

歯の痛みを引き起こす病気にかからないためにできること

男性のイラスト

歯に痛みが生じる病を予防するには、健康的な生活習慣を身に付ける必要があります。日頃から正しい生活を心掛けていれば、病気の発症を最小限に抑え、歯に痛みを感じることなく楽しい日常生活を過ごすことが可能です。

予防薬で回避できる!~群発頭痛の予防法~

群発頭痛の予防に有効な治療薬は、病院で処方してもらうことができます。市販薬としては販売されていないので、入手するには必ず病院に相談を行なわなければいけません。 予防薬であるワソランは群発頭痛の予防に最適な薬として知られていますが、元々は狭心症の薬です。他には、副腎皮質ホルモンやリチウムなどの薬が予防に使われています。

ストレスフリーな生活を心がける!~心筋梗塞の予防法~

ストレスやうつが発生すると、精神だけでなく心臓にも悪影響を与えてしまいます。ストレスやうつが溜まっていると、心筋梗塞を発症した後も悪影響が続いてしまう可能性が高いです。 そのため、心筋梗塞を予防する場合は日頃からストレス発散を行なっておき、ストレスやうつが身体に残っていない状況を保てるようにしましょう。

筋肉の凝りをほぐしてリフレッシュ!~三叉神経痛の予防法~

首や肩などの部分が凝っていると、三叉神経痛を発症するリスクが高まります。首や肩の筋肉が硬くなっていると感じた場合は、マッサージなどを行なって筋肉の凝りをほぐしましょう。 マッサージ店などで定期的に施術を受けておけば、三叉神経痛を発症する可能性は大幅に減少します。自力でマッサージを行なうことでも効果は得られます。

鼻づまりはすぐに解消しよう!~上顎洞炎の予防法~

上顎洞炎は、上顎洞に鼻水や膿が溜まることで発症します。そのため普段から鼻づまりを起こさないように気を付けていれば、上顎洞炎を発症することはありません。 花粉症やアレルギー性鼻炎を抱えている方は病院で治療を受け、風邪をひいた場合はすぐに治療を試みることで体力の消費を抑えましょう。こまめに、鼻をかむことも大切です。

どの病気にも共通する予防法とは?

病を予防するには、それぞれの病に適した予防法が必要ですが、予防法の中にはどの病にも有効な予防法も存在しています。

適度な運動
心筋梗塞などの病を予防するには、週に3日以上は軽い運動を行なう必要があります。ウォーキングなどの軽い運動を一日30分程行なうだけでも、健康的な身体を維持することは可能です。水泳やラジオ体操なども適しています。
タバコやお酒は控える
タバコは血管を収縮させるだけでなく、血圧を高めて動脈硬化を促進させます。過度な飲酒も肝臓の機能を低下させてしまう原因になるので、たばこや酒を愛用している方はこうしたものを一切口にしないように注意しましょう。
食生活の改善
健康的な身体を維持するには、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取することがとても大事です。食事をとる際は、主食と主菜などをきちんと揃え、いろいろな栄養素をきちんと摂取できるようにしましょう。

生活習慣を見直そう!~50代からでも遅くない~

体質に合わせて健康的な生活習慣を身に付ければ、中高年の方でも楽しい日常生活を続けることができます。そのため、生活習慣に乱れが生じていると感じている方は日頃の習慣をチェックし、自分に適した過ごし方を探してみましょう。

TOPボタン